メインイメージ

車をローンで購入

中古車オークションの車をローンで購入する

中古車オークションを利用して中古車を購入する場合、現金一括で購入することもできますが、別の方法もあります。
それは、ローンで購入する方法です。数回、10回などの分割払いにしてローンを組んでもらうという方法もあります。例えばオートローンを利用するのは一般的な方法です。

オートローンは車両購入専門の支払いサービスですが、現金一括払いができない人でも車の購入を可能にさせます。
ただし、オートローンの利用するためには審査に通る必要があります。サービスを受けられる資格があり、その資格を得るための審査基準をクリアしなければなりません。

そして、購入する車の選択は審査に通ってから行う必要があります。一般的に、審査の申込みをしたら必要書類の提出を求められ、書類提出の後で審査が行われ、合否が通知されることになります。車購入の貸付サービスでは、各社でサービス内容や金利の設定が違います。

比較サイトやランキングサイトなどでよくチェックして、条件のいい会社を選ぶようにするといいでしょう。条件のいい会社が見つかっても、貸付を受けるための審査に通らなければ利用はできません。審査に通るためには、審査基準を満たすと同時に、審査に通らない理由も調べておきます。まず車購入の貸付けの場合、金利を含めた返済が必要になります。

それを一定期間、完済まで続けることが必要になりますので、それだけの支払い能力が求められます。安定した収入があること、安定した仕事についていることなどが審査されます。そして審査に通らない理由として、信用情報機関に名前がリストアップされていることがあります。過去に金融事故を起こした履歴のある人が信用情報機関にリストアップされますが、リストアップされた人は貸付けにおいて信用がないとみなされます。

したがって、中古車オークションを利用する前にこれらの審査基準をチェックしてみることです。さて、貸付の許可が下りたとしても、中古車オークション会場での取引において注意すべきこともあります。それは、車を購入しても保証期間のうちに不具合箇所を発見できなければ、修理の対応をしてもらうことはできないということです。

中古車オークション会場によって規約は違いますが、概ね1週間程度の保証期間が平均です。したがって車両の不具合については、この1週間程度の間に見つけてしまわなければなりません。しかも中古車オークション会場でクレームが通用するのは、3万円前後の部品代の範囲です。

Copyright©2017 中古車オークションが人気なワケ、また中古車オークションの流れを学ぶ All Rights Reserved.