メインイメージ

準備が大切

設立日を希望日にするなら会社設立は準備が大切

会社の設立日は、会社の登記申請を法務局にした日になります。ですから、設立日に強いこだわりがあり、どうしてもその日にしたいと考えるなら、希望する日付までに登記申請書を作成しておかなければいけません。

そのために大切なことは、計画と迅速な手続きです。法務局への登記申請は、会社設立をするための手続きでは最後となります。

登記申請をしたあとにも手続きは残っていますが、会社が設立できるのは申請をしたときです。この登記申請書を法務局に申請する前には、定款の作成や認証、商号や取締役、本店所在地の決定などさまざま手続きが必要です。

これらは1日で終えることはできませんから、設立日を希望の日付にしたいのなら、その日付に登記申請書を法務局に申請できるように、入念に準備をしておかなければいけません。

逆算しながら余裕を持って準備をして会社設立の計画を立てれば、間に合わせることはできるでしょう。しかし、準備をして計画を立てていても、不備が見つかりスムーズに会社設立が進まなくなることはあります。

こうなってしまうと、希望の日にちまでに間に合わせることができないこともあります。どうしても会社設立の設立日を希望する日にしたいのなら、専門家にサポートをしてもらうと良いでしょう。

代行をしてもらうことによって、時間を短縮することもできますし、手続きでミスが発生する可能性もゼロになります。このように自分たちで手続きをするのではなく、一部を専門家に代行してもらうことによって、希望する日に会社設立をすることができるのです。

また、希望する日まで時間があまりないときにも、代行をしてもらうと良いでしょう。スピーディーに手続きを進められますから、間に合わせられる可能性も高くなります。

こうして入念に準備をして登記申請書まで作成すれば、後は法務局に提出するだけです。希望の日に提出をすれば、その日が会社にとってのスタートの日となります。

しかし、どれだけ早くから登記申請書を作成して準備を整えていても、希望する会社設立日にできないことがあります。希望する日にできないときとは、その日が土日や祝日だった場合です。

法務局はお役所ですから、土日や祝日はお休みです。お休みの日は会社設立のための登記申請書類を受け付けていたないので、その日に申請をすることができないのです。

設立日を希望の日にしたいときは、法務局が申請を受理してくれる日か確かめましょう。

Copyright©2017 中古車オークションが人気なワケ、また中古車オークションの流れを学ぶ All Rights Reserved.