メインイメージ

古物商許可証

中古車オークションと古物商許可証について

中古車オークションで中古車の売買をするとき、代行業者に頼んで取引をしてもらうということがあります。これから代行業者を利用したいと思ってる人もおられるかもしれませんが、中古車オークションで代行業者を利用するときは注意すべきことがあります。それは、依頼する代行業者の質によって取引結果が左右されるということです。

信頼できる業者に依頼すれば取引結果は望んだものになりますが、悪い業者に依頼してしまうなら、取引結果も悪いものになってしまう可能性があるのです。したがって、良い業者を選ぶことが中古車オークション取引を成功させる秘訣になります。中古車オークションで良い代行業者に依頼するためには、信頼できる業者かどうかを見分けるポイントをチェックすることです。

チェックするポイントはいくつかのものがあります。

まずは、業者が古物商の免許を所有しているかどうかを確認する必要があります。古物商の免許がなければオークション会社の正会員になることはできません。それでも取引代行はできますが、しかしその場合はフランチャイズ制度を利用して代行業を行うことになります。この古物商の免許をとって取引をしているかどうかが、信用性を判断するポイントになります。当然、古物商の免許を有する業者のほうが信用力があると判断することができます。

これに加えて、不動産所有の保証人がいるかどうかもチェックするポイントです。また、中古車オークションではさまざまな諸経費がかかりますので、それらについての説明が分かりやすく明瞭であるかどうかも判断のポイントになります。諸経費の項目をはっきり伝えなかったり、説明の仕方が真摯でないなら、信用のある業者と判断することはできません。車や相場に関する知識がどれほど深いか、これも判断基準の要素になります。車の知識が薄ければクライアントの要求を正確に叶えることができませんし、相場に詳しくないなら取引の点で有利に運ぶことができなくなります

さて一方、代行業者に依頼せず、個人でオークションの会員になるという選択肢もあります。
この場合は、古物商の免許を取得することが求められますが、免許をとっても種々の条件のクリアしなければなりません。
免許取得から1年以上を経過しなければならないこと、連帯保証人が用意できること、自前の常設展示場を持っていることなどです。以上は、USSオートオークションに入会する場合の条件です。

Copyright©2017 中古車オークションが人気なワケ、また中古車オークションの流れを学ぶ All Rights Reserved.